やったねFULL COMBO!!(フルコンボしたとは言ってない)











・・・乙女心さ!

アニメ『ハナヤマタ』のオープニング&エンディングテーマCDを両方買ってよいやさしてますきりんです。

花ハ踊レヤいろはにほ(CDのみ)
チーム・ハナヤマタ
エイベックス・ピクチャーズ株式会社(Music)
2014-08-27



花雪(CDのみ)
inc smileY
エイベックス・ピクチャーズ株式会社(Music)
2014-08-27



去年の8月末リリースの評価を今書いてたりします。遅っ。
はいそうです、クラシック聴いたり新作ゲームで遊んでたせいで更新遅れました!(キッパリ)


花ハ踊レヤいろはにほ』の収録曲↓
M01 花ハ踊レヤいろはにほ
M02 Dream JUMP!

で、『花雪』の収録曲↓
M01 花雪
M02 花憐のスゝメ

となっております。

 まずこれを主題歌とするアニメ『ハナヤマタ』のPVが公開されたとき、後ろで流れるOP(ハイ!)
これのサビの合いの手群にやられましたね(ハイハイ!)
和楽器(三味線)を使ってるEDも好きです。乙女ちっく全開な感じの歌詞含め。
OPカップリングのほうにも三味線が使われてますね。あと、たぶん琴も。
EDは主人公のなるが童話のストーリーに憧れる乙女ちっく少女なので若干シンデレラを思わせる歌詞だったりします。
このアニメでなる役:上田麗奈とヤヤ役:奥野香耶の声がすごく気に入りましたね。
とくにDream JUMP!でのヤヤパートほんと好き。

 OPはひたすら合いの手が楽しい曲です(個人の感想です)。元気な感じホント最高。
曲の要所要所に入るピアノの下りアルペジオもかなり印象的です。
そしてサビの最後のなるの「つぶやいてみた...」で締め、なかなかメリハリある。・・・乙女心さ!
 しかし!正直OPよりカップリング曲のほうが素晴らしい、いやカップリングの曲のために買うべきといっても過言ではないくらい好きです。
三味線アルペジオからはじまり適度な疾走感を含んでAメロに行きます。ここのヤヤちゃんホント愛しい。
実はこの曲も合いの手があるんですが、その合いの手がCメロの後のサビで使ってくるという演出のニクさ。
適度な疾走感を含んだ旋律がドラムのよっつ打ちでさらに盛り上がりつつ、小節の最後に合いの手。
クライマックス感ハンパないです。合いの手の元気の良さも最高潮(ハイ!)
 桜井政博さんがスマッシュブラザーズDXのレポートをサイト上で行った速報スマブラ拳!!でゲームクリア後にメニュー画面の二つ目のBGMが解禁になり、もとからある方は「さあ、闘技場で試合が始まる!」みたいな勇ましい感じ、解禁される方は「その闘技場を小高い丘から見下ろしてる」ちょっと郷愁感を漂わせた感じ、と語っていました(ごめんもしかしたら違う場所だったかも)。
この「花ハ踊レヤいろはにほ」と「Dream JUMP!」の関係性も正にそれで、前者が「さあよさこい部始動ですよー!」とハナが気合入れてる感じ。
後者は、こっちは例えになりますが劇場版のエンディングで流れてる感じ。
曲の最後のサビでよっつ打ちリズムプラス合いの手のクライマックス感がそんな高揚感と「君達の物語はここで一区切りついた」というような若干の達成感というか、そんな雰囲気があります。マジで。
普通に聴く分には適度に疾走感があるノリが良さげな曲かな程度ですが、最後の合いの手の心底楽しそうな感じもすごく好きです。

 そしてED。ここはアニメのハナヤマタのネタバレを若干含みますこと予めご了承ください。
これはアニメの4話も視聴した上で聴くとかなり印象が変わることと思います。
1話視聴終了時点では、なるの乙女ちっく感全開で展開される、いわゆる「なるの気持ちを重ね合わせた」曲という印象になると思います。
が、4話で多美の過去の自分との決別とを重ねるように入るEDは1話終了時の同曲の印象を大きく変えます(ここの多美お姉ちゃんホント最高)。
サビ直前での歌詞「君は現れた」はなるが待ち焦がれた王子様という解釈と、多美の...
アニメ本編の内容によって同じ曲に二つの表情を持たせる演出のニクさたるや。
 しかし!正直OPEDで爆上がりした期待値を、EDカップリングちゃんは見事に裏切ってくれました!(ぇ
控えめながらも三味線を使った和風テイストな楽曲群の例にこの「花憐のスゝメ」も漏れないと思っていたら。
まず曲自体はアップテンポでポップちっくなノリの良さげな曲なんですが、私はここで「う、うわあああああ!!(ガタガタン)」と椅子から転げ落ちました(大袈裟)。
もはや「大坪由佳 NweSingle 『花憐のスゝメ』」みたいになっとるやないかーい!
しかしずっと聴いてるとノリよきポップちっくなこの曲のテイストに、私は「Let's go!(ゴー!)」と椅子から転げ落ちました(錯乱)。


ともかく、なかなか聴いてて楽しいラインナップなので興味があればアニメと合わせて楽しんでみるのも、と・・・つぶやいてみた。

・・・乙女心さ!

アルカナハート3 LOVE MAX!!!!!

5月末に発売された格闘ゲーム「アルカナハート3
いまさらですがチマチマベシベシした感想をエクステンド!!(謎


シリーズ3作目なんですが、公式見るとアルカナハート3は3年前に既に家庭用で発売されてるみたいでこの「LOVE MAX!!!!!(愛情特盛り)」は新技や新作ストーリーを追加したリメイク版っぽいです。

公式サイト:
http://www.arcsystemworks.jp/ah3lm/

初見の印象では23人のキャラがそれぞれ個別の「アルカナ」と呼ばれる聖霊を備えて戦う、というどこかジョジョのスタンドっぽい感じに思いました。
前作と主人公が変わっているらしく、今作は「ヴァイス」が主人公という位置づけらしいです。
前回は「愛乃はぁと」。こっちはディスガイアシリーズのフロンみたいな性格でした。
愛情特盛りお届けしてくれたり、特撮番組を撮りためてたり。
ただその愛情一辺倒を修道士に「愛だけではダメだ」と言われてるのは笑いましたね。修道士のあなたがそれを言いますか、と。

ヴァイス_コマンドリスト今作の主人公ヴァイスをひとまずの使用キャラとしてコマンド表を確認すると、ヴァイスという名に倣って技名もドイツ語という。
ちょっとこういうの好き。テーティヒカイト。
「追剣ヤーゲン」とかなんか韻を踏んでて気に入りました。

STORYモードに挑戦してみますれば、skullgirlsで鍛えたおかげもあって(加えてCPUも手数控えめ)サクサクいける感じと油断していたらボス・・・というべきかボス手前でお出ましの「シャルラッハロート」、急に手数とコンボが激しくなりあっさりストレート負け。
ヴァイス「手加減しすぎてしまった。それで負けるとは...恥だ」
イヤイヤお待ちなすって!急に難易度爆上げですか!?
と、本腰を入れて挑戦し、1つ目の勝ち星ゲット(初期設定では2本先取で勝利の設定です)。
シャルラッハロート「あっはっはっは、面白い面白い...リミッター解除!!」
なんたる絶望感。しょっぱなから繰り出されるアルカナ超必殺技(通称ゾイドビームらしい)。
続行だ...!と気力を振り絞り立ち上がるも、ヴァイスは きずつき たおれた。
無駄に歯ごたえのある難易度ですね!
リミッター解除した状態は常時エクステンド状態が維持され、上記アルカナ超必殺技(アルカナブレイズともいう)をクールタイム無しで連発できてしまうという素敵ハンデです。
しかし何度もコンティニューを繰り返し、見事シャルラッハロートを打ち倒したー!!

残ったのは無駄に高まった高揚感と胸の高鳴り!
そしてまだ一戦あるよ、というストーリー展開!(ぁ
シャルラッハロート戦で死力を尽くしたので、えも言われぬ絶望感が襲いましたが最後はアクションゲームっぽく5つの的を破壊するというものでした。
ただ雑魚敵2体の攻撃をかいくぐりながらの破壊なため、シャルラッハロート戦とは違った意味で手こずりました。

操作に慣れたところで他のキャラも使ってみようとしたところ、廿楽冴姫(つづらさき)というキャラに目が留まります。
アルカナハート3ではキャラ選択時決定しないでしばらくいると、カーソルの合っているキャラが決定を促すセリフをしゃべるんですが、彼女は違いました。
「話しかけないで」
「他の人にすればいいじゃない」
拒絶してみせます。これは異なことを!そう思っていたら
「え?わ...私が、いいの?」
ツンデレキターーー!!
やられたので、さっそく使ってみること。するとコマンドがタメ技のオンパレードです。
私の少ない格ゲー知識からタメキャラを思い出すのはストIIのガイルです。待ちガイル(※)と呼ばれるあのしゃがんだ体勢です。
この期に待ちガイルについて調べてみるとどうやらあれは合理的な戦闘スタイルの形として行き着いたものだったようです。
ナナメ入力でためる事で2方向のタメを同時に行うことができる特性を利用したものだそうです。
具体的には後ろナナメ入力でためると下タメと後ろタメが同時にできるということですね。
ここから対空のサマーソルトキック、飛び道具のソニックブームが同時に準備できるので相対するキャラによっては非常に厄介な戦法となるようです。
ただ冴姫ちゃんは後ろタメ→前+攻撃ボタンで飛び道具ではなく飛び蹴りを繰り出すのでガイルほど脅威にはなり得なさそうですが、それでも戦略の幅は広げられるのでゼヒマスターしたい技術ですね。

そんなこんなでさらにプレイを重ね、さぁネット対戦に参入!
といっても勝ち星をあげるのはCPU相手よりも絶望的なので、経験を積むためと割り切って扱いなれたヴァイスでいざスタート。
対戦人口が6000人前後みたいで休日のゴールデンタイムといえどマッチングはそれほどスムーズには行かない印象。ネット掲示板で対戦相手を募集等するのが有用そうです。
4戦ほどして戦果は4敗と危惧していたとおりの結果と相成りました。
自分のガードの甘さを改めて再確認するとともに、絶え間なくコンボを繰り出され身動きが取れるようになる頃には体力ゲージが4割強減っていたりと凄まじい手数の多さに驚きもしました。
これがコンボゲーの真髄か!
5戦目の相手は自分を実力が拮抗しているのか、コンボの繋ぎも甘く基本逃げ腰。
近づいてきたら突進で虚を突き、離れたら飛び道具でけん制という具合にチマチマ削ってたら相手がうまいこと翻弄されてくれ、初の勝利!
やはり実力が拮抗していると勝ったときの脳汁分泌量がハンパねーな!
4敗してるから尚更。


このゲームはゲージを消費してコンボをキャンセルする手段が多数用意されているので、意外と動かしやすい印象です。
ただ、やはり難易度が高い!今はTRIALモードでの星埋めに挑戦中です。

春イベント"索敵機、発艦始め!"

艦これ1周年記念杯が始まりました!(否競馬


春イベントの開始に伴って実装された新システム"弾着観測射撃"によってイマイチな重巡だった青葉が別人のように輝きを放ちだす。
運が発動に関係してるのか知らないけど2巡する砲戦で2回発動させてきたときは
「ふふーん、やっぱり青葉最高ですね!帰ったら衣笠ちゃんに自慢しちゃお!」
というセリフが脳内再生されました。
カタパルトが不調だとか言ってる場合じゃない彼女にも頑張っていただきたいものです。

着弾観測射撃-青葉.png









アップデートで艦隊戦も随分スピーディになり、サクサク快適。
近代化改修時にキャンセルするごとに第1艦隊旗艦にカーソルが戻っていたのも戻らないようになったりと、UI周りもいくつか改善されサクサク快適。
ただ、サクサク快適視覚効果を頑張ったツケか、若干カクカク表示になった気がするのはご愛嬌?

前回秋イベントではE3クリアに滑り込みセーフして終わったので、今回の春イベントは制覇したい。出来れば。


※追記
 弾着観測射撃は戦闘開始時の制空権を確保か優勢で発動とのこと。

總天然色映画「ラバウルで朝食を」

※ これはジョークレビューです
先月末に全国一斉封切りと相成った「ラバウルで朝食を」を見てきましたきりんです。
第六十六回佐世保國際映画祭審査員特別賞受賞作品らしいです。
ラバウルで朝食を

艦これを始めて選んだサーバが"ラバウル基地"で、かつ、艦隊で最強レベルの重巡になるまで重用していた私としてはゼヒとも見ておきたい映画だと思いましたね!
意外と衣笠さんがラバウルと浅からぬ縁があったことが知れたのも良かったと思います。


序盤は衣笠さんの改修の過程、カタパルトお初装備と本人は軽く流してましたがそのカタパルトも結構改良されてたんですね。
といっても航空機のことはよくわからんちんなので
(やはりこれからは航空火力艦の時代だな...最上のヤツも頑張っているか?)
とか思いながら見てました。
で、衣笠さんが実戦で活躍し始めるんですが、あのウェーク島攻略のシーンの航空機同士のドッグファイトがなかなかどうして面白い。
――艦これで運用できるのは艦戦、艦爆、艦攻とか水偵、観測機などですが映画だと他にも結構な種類の航空機が出てきてました。
特に2回目の空襲を仕掛けるときの、
敵地の上空とったどー! → あ、敵の戦闘機の待ち伏せ!? → 数機しか居ないにも関わらず、完全に虚を衝かれたために手練の艦上攻撃機乗りがやられる事態に
の流れがイキナリ手に汗握る展開を見せてくれました。
敵機は全機撃破していましたが、戦いに勝って勝負に敗れたという感はなんともいえません。
その手練な搭乗員が傷付き倒れた報には蒼龍が深く悲しんでました。
ゲーム中の航空攻撃時に黒煙を上げる機体が出てきたりしますが、簡略化された画面の裏でこういうドラマがあったんだと思うと胸が熱くなりますね。

続いてソロモン海より南に位置する、珊瑚海での戦い。
こっちは航空機同士のやりあいで画的には地味でしたが、情報戦の展開でこっちはこっちで面白かったですね。ただ、衣笠さんは空気。
このシーンでは翔鶴さんがほんわかお姉さんなイメージが檄・反転するレベルの頭脳戦(抜けてる)を繰り出してくるから驚きます。活躍します(いろんな意味で)
西方偵察するべきだと言われていた案を蹴り、(敵は...南ね!)と南方を索敵。
実際に艦影を発見しますれば(...ビンゴ!)と大量の航空戦力を現場に投入。
しかしいざ、現場に到着してみれば居るのは駆逐艦と油槽船(タンカー)だったという。
そのほぼ同時期、まったく別の場所に空母っぽいの居ますけど、という衣笠・古鷹発の偵察機からの入電。
翔鶴発偵察機のほうも気付いて、すぐさま司令部に「艦影は空母でなくタンカーでした」と通達、おいおいマジかよ...という空気の中、投入した航空機のうち艦攻はすぐさま引き上げさせ艦爆に一応の撃滅をさせてました。
さらに先に向かわせていた翔鶴発の偵察機は迷子になり駆逐艦"有明"に助けてもらうというオチまでつきました。
翔鶴さん、活躍してます(いろんな意味で)

夜のサボ島沖では監督・脚本の青葉も出演しました。
ここでは敵艦を味方輸送隊と誤認した司令部が確認のための発光信号を青葉に打たせます。
これにより敵艦からの先制を許すわけですが、司令部は味方からの誤射だと疑わずに発光信号を打たせ続けしまいには艦橋に直撃弾を受け、旗艦だった青葉は司令部ともども壊滅的な被害を受けます。
ただ、敵艦隊も待ち伏せのおかげで出来た綺麗なT字形を維持する際に2隻が隊列を崩し混乱が生じた模様。
レーダーで確認しようにも報告に誤差が生じているために敵艦なのか隊列を崩した味方艦なのかの判断に窮していたようです。
青葉の司令部が壊滅的な最中とっさの機転で次いで権限のある者(青葉艦長)に指揮官を交代させ、敵艦隊の識別も追いついてきたのか激しい砲撃戦が開幕します。
しかし青葉は先に大ダメージを受けており煙幕を張っての退避が精々、そこへ古鷹が援護とばかりに敵艦との間に割って入ります。
なかば身代わりのような形になり集中砲火を浴びましたが、敵艦が照明を当てながらの砲撃をしていたために反撃とばかりに砲撃しダメージを与え返します。
ここで後ろのほうを航行していた衣笠さんは幸いにして混乱した戦局に惑わされることなく的確に反撃に移れました。
衣笠の夜戦、見せてあげる!」とゲーム中では言ってますが、青葉や古鷹を助けるためのセリフだとしたらかなり切羽詰った状況ですね。
衣笠さんに随伴していた初雪が普段の気だるげなイメージを払拭するかの如く奮闘していたのが印象的でしたね。
古鷹や吹雪が傷付き倒れ青葉が甚大な被害を出した中、衣笠一隻で戦ったようなものだと言われていましたが
後味の悪い戦果でした。初雪も忘れないであげて...

最後はヘンダーソン飛行場を砲撃した鈴谷、摩耶らとともに明け方から北上退避行動に移っていたところをエンタープライズ発の索敵機に発見され、すぐさま機能を回復したヘンダーソン飛行場とエンタープライズから発進した航空機からの空爆に見舞われます。
続けざまに空爆を受けて油が漏れ出し右に傾き始めます。
それでもなお空爆が続き、鳥海や五十鈴が深手を負っていく中で衣笠さんは巻雲や風雲に見守られながらゆっくり海没。
...は?って感じ。あまりにあっけなくて驚きます。
沈んでいく衣笠さんの上空を飛ぶ敵航空機があざ笑ってるように見えてヤバい。
サボ島沖夜戦で輝いてたあとからのあっけない最期とか、えっ?としか思いませんでした。


最後にはモヤっとした感を残されまくりましたが、それなりに面白いので気になった人は見てみるのもいいかもしれません。
カタパルトお初装備ーっと飛行機運用できて嬉しそうな割に艦載機を「飛行機」という衣笠さんの案外雑な航空機認識とか。
※ これはジョークレビューですからねー!
※ 「ラバウルで朝食を」はただのポスターネタですよー!
※ 実際に映画が公開されたワケではありませーん!
※ 3/20 一部修正しました

うた組み575 体験版

久しぶりに更新しますきりんです。
今回は来年1月に発売される『うた組み575』というリズムアクションゲーム、その体験版が19日に解禁になったのでプレイ。


うた組み575公式サイト

うた組み575は基本的に初音ミクProject DIVAみたいな部分が多いです。同じSEGAだからね。
ただこのゲームのキモとなる「歯抜けになった部分に適当な歌詞を当てはめる」は、同じリズムアクションでもProject DIVAとは一線を画す部分でしょう。
抜けてる部分に歌詞を当てはめ、さらにその当てはめた歌詞に沿ってリズムアクションするというのは、Project DIVAとはまた違った忙しさがあります。背面タッチもホールドタッチもあるよ!

体験版では好きに歌詞を組み替えることは出来ませんが、わざと間違えて歌詞を組み込むことで擬似的に表現できます。
ただ、意味のない文字列になってしまうのが難点。製品版を乞うご期待ってやつです。
わざと歌詞を間違って組み込んでもクリア自体は可能で、のりのりタイム(DIVAでいうチャンスタイム的なもの)にも突入します。評価には影響しますが、スコアにも影響があるかまでは見てません。
うみ組み575にはVOCALOIDを採用しているので、そんなデタラメな歌詞を組み込んでもちゃんと歌ってくれるわけですね。
ラブプラスでプレイヤーの名前を呼んでくれるようになった、みたいな革新性は感じられる、かも?

歌詞の組込みが苦手でも、何度か失敗が続くと選択肢の数が少なくなったりと、動的に難易度が下がるようにはなっているようです。
はいそうです最初に選択ミスしまくって正解がポンと出てるだけの状態にまでなりましたすいません!




これこのようにボーカロイドを使って楽曲を作っている、いわゆる『ボカロP』で有名な人も多数楽曲提供してるのでそういうのが好きな人も体験版をちろっとやってみるのも面白いかもしれません。
この曲のサビの「なんという よのなかなのさ」がだんだんクセになってきます。
「すごくはたらく まいにちすぎて」の小豆と抹茶の表情もかわいいです。
曲の終わりのキメの小豆の顔の凛々しさときたらCV繋がりで某5500t級軽巡洋艦を思い出すイキオイです。いや、重雷装巡洋艦のがわかりやすいか。


抹茶様、いはく「買わないと一生呪うわよ」とのことなので買って遊びたいと思います。
言葉遊びに、なんぞ惹かれるものがあるので。
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
Amazonライブリンク - PS4
Amazonライブリンク - PSVita
ご意見ご感想など
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ