やったねFULL COMBO!!(フルコンボしたとは言ってない)











俺に働けっていわれても 乙

4月に配信されたPSPのDL専売ソフト「俺に働けって言われても 乙」のプレイ感想です。乙


これは去年の同日にリリースされた「俺に働けって言われても」の続編に当たります。
基本的なシステムやゲームの目的等は変わらず、インターフェースの向上や新規ダンジョンや職業、ユニークキャラクターの追加といった、いわゆる「続編」というよりは「追加要素ありのリメイク」感が強いです。

今3年目の6月末ですが、魔法塔レベル8と割とゆっくりめなプレイです。
前作は3年目で大体やれることは終わってたんですが、今作は若干ボリューム大目です。
画面左側に新たにMAPが拡張されているので、2年目の終了時以降に魔法塔レベルが9以上だと解禁され探索が可能になります。
なので、私はまだいけてません。難易度は前回よりも少し上がった印象。DLCで難易度は下げられますが。

それと今作は「シンボルモンスター」という世界樹の迷宮で言うF.O.E.のような、MAPに表示されているシンボルに接触することで戦闘開始となる移動するモンスターも追加されています。
BOSS並みのレベルの高さなのでBOSSに特化した装備だと苦戦したりします。

4gamerでの紹介動画だと、3月中旬ですでに借金を返済し終えていて「4gamerすげー」というコメントもあり、私も借金の早期返済を目指して頑張りましたが、結局4月末での完済という結果。4gamerすげー。
ただ、DLCでゲーム開始時の所持金ブーストができるので、4gamerではそれを適用していたのかもしれません。(負け惜しみ)
もしくは2週目だとか!(負け惜しみ)

今回、大家のリリウムさんに声がついてハイテンションなキャラクターにさらに磨きがかかってました。
それにくわえてツンデレ成分も配合。それは要らないかなとは思いつつも可愛いので許す。
しかもDLCで別バージョンのCVでの大家さんも楽しめるという充実っぷり。e-smileどんだけ大家さん推してんだ!
しかも両CVバージョンでテーマ曲も歌わせてるしで大家さんプッシュ半端ないです。

ボリュームアップはしていますが、基本的に携帯機で暇つぶしにやる分には十分な感じだと思います。
vita版にも対応してるよ!
最後に「俺に働けって言われても 乙」の公式HPのURLを貼り付けて終わりたいと思います。乙

http://www.e-smile.jpn.com/otu/index.html

朧村正

 此れは先月末、マーベラスAQLより発売されたアクションゲーム"朧村正(オボロムラマサ)"の体験譚である...


 他のゲームを遊びつつなので、まだ鬼助編・三幕のボス戦前です。
この朧村正自体はWiiで発売されてて、こっちは移植といったところでしょうか。
ただ、新しいストーリーをDLCで販売するようなので、そっちも楽しみです。
それまでには鬼助編と百姫編をクリアしておかないとね。

 ゲームモードにはさくさく進める"無双"と、アクション上級者向けの"修羅"があり、"修羅"モードでクリア(鬼助・百姫のいずれかで可)することで更に上級難易度の"死狂(シグルイ)"モードが解禁になります。
 ゲーム屋のPOPによると"死狂"モードは敵からの一撃を受けただけで即ミスというレベルらしく、これは昔の超絶難易度アクションなんかにある「死に覚えゲー」状態だと思われます。
アクション下手なくせに若干シグルイやりたいと思ったりします。まぁ、その前に修羅でクリアって条件を満たさないとだめなわけですが。
 修羅モードでやると街道に現れる雑魚妖怪相手に死にまくりなきりんに、この任務は達成できるのか!?(絶望)

 よくあるアクションなんかだと回避行動はガード中にスティック弾き、みたいな操作が多いと思うのですが、朧村正はその辺りにクセがあり「しゃがみ(左スティック下入力)中に左スティックを左右に入力」してそれぞれの方向に回避する、という操作体系になってます。
 攻撃は□ボタン、さらに連打で連撃になり、押しっぱなしで受け流しの構え(いわゆる防御)。
加えて「しゃがみながらの□押しっぱなし」から「□を離す」でタメ攻撃(敵の防御態勢を崩す効果)になります。
 少ないボタンで多彩なアクションに対応することでとっつき易くなってはいますが、回避に関してはそのクセから若干の慣れが必要だと思います。

 さてこの朧村正、百八つの妖刀の収集、各国の食事処へ食べ歩き等、アクション以外での楽しみもいくらか盛り込まれてます。
とくに食事に関してはVitaのグラフィックの美麗さも相まって、空腹時にプレイしようものならある種の精神的ダメージは避けられないことでしょう。
要するにこれはヨダレとの戦いでもあるのです!YouTubeの動画でも伝えきれないくらいにおいしそうなんですもの!
私が以前にプレイしたプリンセスクラウンでも食べ歩き的要素はありましたが、朧村正はそれを更にハイセンスに昇華したものと言えそうです。




 修羅モードは難しいけど、敵の飛び道具を攻撃で弾き返すときのキィィィンッって効果音は無駄にかっこ良くてテンションあがる。
グラドリエルのときは吹き飛ばされて地面に刺さった王家の剣に自分の王冠が降り落ちる演出がかっこ良くて戦闘の高揚感を盛り上げたけど、あれくらいテンショが上がる。

Unknown vision

えーリリースは1月30日なんですが、感想はいまさら書きますきりんです。

Unknown Vision
Unknown Vision [CD]


このシングルは今期放送中のアニメ「まおゆう魔王勇者」のエンディングテーマとなっております。
アニメの大体の内容は、ドラクエで有名な「仲間になれ、勇者よ!そうすれば世界の半分をやろう!」みたいなアレのパロディから始まって、人間と魔族との戦争を武力以外の方法で終結させるために勇者と魔王が手を組み、動いていくというもの。真面目に経済してる部分もありますが、メインは魔王と勇者のイチャイチャです。
最初にニコニコ動画でEDを聴いたときはイントロからして鳥肌が立ちました。
透明感溢れる入りからコード音寄りの流れ(アンビエントっていったらいいのか、そんな風な静寂感)に繋がり、サビに続きます。
あの始めの静かな感じがすごい好き。
もうCD出るまでニコニコで幾度と無く繰り返し聞きましたね。
エンディングアニメーションも古代民族の遺した壁画調で楽曲の雰囲気にマッチしててテンションが上がります。
人間、視覚情報が大半を占めると言いますが音楽だけを聴くよりこういった視覚情報を絡めて聴くと高揚感がすごいですね。
ただ、その分想像力を働かせる余地がずいぶん削られるので一長一短ですが。
深夜アニメを見ていて、リリース時期直前くらいにこのCDのCMを結構見ました。
CMではいきなりサビから流してましたが、イントロからの静寂感を楽しんだ後サビって流れがいいと思っていた自分としては、あのCMは損な感じだなと思いました。

Unknown visionには他に2トラック
2. 一切へ
3. Magic Garden
が収録されています。
どちらも「Unknown vision」のテイストは残しつつ、「一切へ」はポップスの色が少し強めに出ています。ポップスっていうかバンドサウンド?
個人的にこのシングルはどの曲も「邦楽」っていうより「洋楽」って雰囲気なイメージです。
邦楽って聴くとどうしてもバンドサウンドだったり、女性アーティストの色恋モノって印象がありますので。
といってもあまり多くの洋楽に触れているわけではないのでにわか知識での物言いになりますが。

神様と運命革命のパラドクス

今週の24日に発売となった日本一ソフトウェアのPS3ソフト「神様と運命革命のパラドクス」を買って早速遊んでますきりんです。


神様と運命革命のパラドクス (初回限定版)
神様と運命革命のパラドクス (初回限定版)


実は最初はあんまり興味なかったんですが、ゲーム情報サイトとかでゲーム画面を見ちゃうとどうしてもね、欲しくなっちゃうよネ。
ということで、まだ発売2日目ですが実際プレイしてみた感想を記したいと思います。

日本一ソフトウェアのRPGというとディスガイアシリーズなどのシミュレーションRPGが有名でしょう。
今回のソフトもRPGなんですが、シミュレーションではなく風来のシレンみたいなダンジョンを出るたびにレベルが1に戻るタイプのダンジョン探索型RPGです。オーソドックスな感じですね。
ただ今作品はダンジョン脱出時にダンジョン内で上げたレベルがトータルレベルに加算され、レベル1時の基本ステータスを底上げできます。やりこみ要素な上に重要です。
基本ステータスのほかにレベルアップ時のステータス成長率も上昇します。もちろん装備を強化するでキャラを鍛えることも出来ます。
他の詳細な情報などはゲーム情報サイトや公式ページで確認してもらうとして、私は実際にプレイした感想を主に書きましょう。
まずタイトル画面と対面した際の私の心境「なんかラ・ピュセルっぽい感じがする・・・!
「神様」と「修道女」ですから、なんかそれっぽくて神々しい感じな関連がある気がするタイトルとタイトルテーマ(タイトルロゴのバックで流れてるBGMのほう)です。ですったら。

そんな感じでゲームスタート。基本的な流れとしては神様となった主人公がお供として連れて行ける天使一人と共にダンジョンへ赴きます。
ダンジョンの舞台は運命革命回路と呼ばれる装置で、世界中の者達から届けられた願い事を選別し神様がそれに救いの手を差し伸べる、つまり願い主の願いを叶えることで願い主の運命を革命することができます。
もちろん運命革命には反抗勢力の存在がつき物です。
その"反抗勢力"こそが運命革命回路内での敵勢力となります。

風来のシレン系を日本一ソフトウェアがやる一番大きな特徴は、「持ち上げる・投げる」コマンドでしょうか。
これにより一定時間抜け出せなくなる罠にハマってもお供の天使に持ち上げてもらえば、少ないリスクで罠を抜けられます。
敵に囲まれてる状態で罠とか泣きっ面にハチか!?
→ と思いきや、天使に持ち上げさせて罠を脱出!
→ さらにそのまま敵に投げつけさせることで同時に攻撃も兼ねる!
→ かつ、うまくいけば敵との距離をあけることができるかも!?
と、状況次第ではピンチをチャンスに変えられそうです。
ちなみにディスガイアの頃から存在する「ナナメ投げ」は健在ですのでご安心ください。
※ 「ナナメ投げ」はキャラを持ち上げて投げる際に、向きを変えるとカーソルを移動する時間がわずかにあり、そのタイミングで投げると直線以外の方向に投げることが出来る、かなり重要なテクです。

1話での願い主がアレ(一応伏せる)なだけになんだかジョジョの奇妙な冒険に出てくるスタンド、ボヘミアン・ラプソディーを思い出しました。
で、話を進めていくうちに「あれ、運命革命ってことは主人公の行動如何でクリア後の展開が変わったりするかも?」という疑問がわきました。
ええ、最初にラ・ピュセル臭プンプンなタイトル画面を見せられたのですもの、そう考えてしまうのも無理はありませんわ。
あまりにアレな行動・選択をすると願い主の運命革命に失敗したり?
他にもNORMALやHAPPYLYなエンドを迎えられたり?
ええ、もしかしたらラ・ピュセルみたいに1話終了時にアイテムがもらえるのかもしれません。
・・・が。しかしですよ!?
そんなコトは一切無く一本道ストーリーでした。ちょっとガッカリ。
まぁそれはいいのです。1話としては楽しめましたので。
ただ、キャラが会話の端々でオーバーアクションな感じがあります。
そう、例えるなら旅番組なのにやたらアクションシーンを挟みたがるアクターレのような。
まぁ普段のシーンは別に気にならないんですが、シリアスなシーンでやられるとちょっと笑いそうになる。
アッパーカットのポーズで「お前の気持ちを伝えに行けよ!
聖拳突きのポーズで「上等だぜ・・・いよいよ大ボスとのガチンコ対決だ!
だめだ旅番組なのに見えない攻撃を側転で回避するアクターレと重なる!
神、マジ自重しろ!
ええっ!!あなたが神さま!?」とかデンデみたいな扱いされたとしてもだ!!

アドベンチャーパートで立ち絵が出るときに立ち絵キャラがアニメーションするようになってました。
グリムグリモアみたいなぬるぬるな感じじゃなくてアニメ風です。
今作品のイラストレーターがいとうのいぢだけに、テイルズのスキットチャットみたいな感じに動くと思ってもらえればいいかと。
主人公を補佐する専属天使・早乙女リリエル。
口調がお嬢様然としているんですが、抑揚の付け方のせいなのか、どこか「幼い印象」を受けます。
理屈っぽい説明だと「〜ですわ」の「わ」の子音の発音が極端に弱いときがある。
つまり「〜ですわ」ではなく「〜ですぁ」みたいな発音になってる時があります。
でもかわいいから許す。
特に1話の最後のかわいさはとってもスゲーですわ。

HI3E0021

HI3E0022

リリエルかわいいよ!かわいいよ!
日本語に違和感かわいいよ!!
ちょっと薄くて見づらいけどごめんね!


はい。今回の記事をまとめると

1.リリエルかわいいよ!

2.リリエルかわいいよ!!

要するに面白いゲームだよってことです。
ちなみに今回もヒロインが食べ物の名前を叫びながら攻撃します。しいたけ!

Wonder Wonderful

今月26日にリリースされた伊藤真澄のニューアルバム『Wonder Wonderful』を買いましたきりんです。
最近だとアニメ『人類は衰退しました』のED「ユメのなかノわたしのユメ」で有名だと思います。


Wonder Wonderful(DVD付)
Wonder Wonderful(DVD付)


Wonder Wonderful 曲目一覧

1. はじまりのとびら
2. ユメのなかノわたしのユメ (TVアニメ『人類は衰退しました』ED)
3. Wonder Wonderful
4. 宙時計
5. 無限の旋律
6. 空耳ケーキ (Wonderful ver.) (TVアニメ『あずまんが大王』OP)
7. 優しさに包まれるように (TVアニメ『夏色キセキ』 イメージゾング・セルフカバー)
8. ねむねむ天使 (TVアニメ『天使のしっぽ Chu!』ED)
9. すてきがそっと訪れる (『がんばれ!消えるな!!色素薄子さん』 イメージソング)
10. Silent Milk
11. Kiso birdeto
12. 優しい忘却 (映画『涼宮ハルヒの消失』 テーマソング・セルフカバー)
13. 世界のしずく

友人曰く「伊藤真澄といえばシスプリ」らしいですが、私的には伊藤真澄はあずまんが大王のイメージです。
でも最近まであずまんが大王のOP歌ってるOranges & Lemonsに伊藤真澄が所属してるのを知らなかったんですけどね。

今期やっていたアニメ『中二病でも恋がしたい』を見てるときにCMでコレを宣伝してて、なんか「みんなの歌」的空気を感じでヒトメボレの勢いでミョルニールアクセル!購入決定!デース!
通常の3.88倍の高揚感を纏った神降臨ィェァ!を経てCDをPCに装填!WMPを起動して再生するデース!

一曲目の出だしの歌声の雰囲気がなんとなくYUKIに似てるィェァ!と思いながら今回のアルバムの感想に突入したいと思います。
伊藤真澄さんの歌唱は簡潔にまとめると「コーラスに於けるアルト独唱のような感じで落ち着きと安らぎ」を持ったものだと思います。 ※個人的な感想です
椎名へきるさんとはまた違うベクトルでかなり好みな歌声です。
どの楽曲もジャンル的に結構まとまっていて聴きやすいと思います。
ただ、唯一よく知った楽曲の空耳ケーキについていうと、アレンジバージョンみたいですが、やたら冗長な感が否めませんでした。
AメロとBメロとかの間に1小節分追加されたパーカッションとか。1回なら効果的なんでしょうが、多すぎるせいで冗長な印象を受けました。
と、空耳ケーキのアレンジには若干不満はあるものの、他は初めて聴く楽曲ばかりなので結構満足でした。
最後の曲世界のしずくのような「幻想的な森の中の静寂」っぽい雰囲気とかが好きな人にはオススメかも?

今回の内容と割と関係ないですが、毎回CDをケースから取り出す際に固くて取り出しづらいんですよね。
で、どうにかならんかね?とGoogle先生に聞くと、以下の解決策を提示してくれました。
http://focus.allabout.co.jp/gm/gc/51142/2/ 【続・今さら聞けない! CD「本当」の取り出し方!】
おぉ、これは妙案じゃ!次回から試させて頂こう、ということでコレでCDが届いた際のアッパーなボルテージィェァを衰退させることなく楽しむことが出来ますね。


年末年始はこのアルバムできりんは衰退します。
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
Amazonライブリンク - PS4
Amazonライブリンク - PSVita
ご意見ご感想など
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ