ナナシスのダンスレッスンのちびキャラがかわいい。かわいい。
ノーミス時のキメが最高




初音ミク project DIVA エフメガアアァァァ

先週に発売されたPSVitaソフトの「初音ミク project DIVA f」についてヒャッハーウッヒョーな感じでレビューする記事ですこんばんは鏡音きりんです。ウソです。
タイトルも「エフメガ」ではなく、「エフ」ですごめんなさい。


まずはDIVAシリーズについて簡単に説明しましょう!
オマエラには画面上に現れる×のオブジェクトが、画面外から流れてくる同形のマーカーに重なったときに対応するボタンを押し、ボーカロイド達を歌わせてやります。
正しいタイミングでボタンを押せれば、ボーカロイドがCOOLに歌いますが・・・
もし、間違ったタイミングでボタンを押してしまうと、ボーカロイドが歌わずにPOOR.

さらに今回は趣向を凝らし、☆マーカーによるスクラッチ操作が追加されました。
え、スクラッチとか画面覆うし邪魔じゃん?」って思ったアナタ!私もそう思いました。
しかし、設定で画面スクラッチが反応するスクリーンを「前面のみ」「背面のみ」「両方」の3つから選べるのです。
これはGood!です。ダービー兄弟よろしく言ってしまいます。

今までのDIVAシリーズはPSPとPS3で展開(PS3版はドリーミーシアター)していますが、同じ携帯機としてPSPと比べると断然映像面の綺麗さが違います。
よくネットの評価で「PSPゲームをVitaでやると、もうPSPの画質には戻れない」的なコメントを見かけますが、確かに映像の綺麗さはなかなかのものです。
あくまでPSPと比べて、ね。それでも技術の進歩に驚きますけれど。
今回の収録曲は32曲でオールディーズ、つまり過去収録曲は一切ナシで、モジュールも80種類以上を用意しているとかで、ぶっちゃけリズムゲームとしてより着せ替え・コミュニケーション面に力を入れてる感があります。
製作者インタビューを動画で見ましたが、やはり映像やエフェクト・モジュールなんかは力を入れているといっているところからもそんな様子が伺えます。

リズムゲームとしてはスクラッチが追加された以外は前作までとそんなに大きく変わってません。
ただArcadeであるような楽曲終了後のリザルトがかなり詳細になってます。
どこでミスをしたか等が細かくわかる(評価の変移を示す折れ線グラフ上に赤いマーカーで表示される)ので、攻略の一助となること請け合い!と、CMやPVで藤田咲さんが言ってました。

個人的に一番楽しみだったのがARモードです。
えっと・・・ARを簡潔に説明するならば、カメラの中に映したARマーカーと呼ばれるバーコード的役割を果たす画像からキャラクターが呼び出せますよってことです。
召喚魔法カードです。そうですカメラの中限定での遊戯王です。
生贄なしで赤眼黒龍やら青眼白龍やらがでてきてデュエリストがシリアスな顔でしゃべってる右下でライフポイント表示がピピピピピッピコってな具合です。
やめて!もうきりんのLPはゼロよっ!いやいやまだ本題入ってないがな。

ARモードなのでモチロンARマーカーを用意しなければなりませんが、そのARマーカーは公式HPからダウンロード&プリントアウトで準備できるそうです。ていうかそれでできました。
一応URLを張っておきましょう。 → http://miku.sega.jp/f/ar/dl/index.html
よくわからない方は、保護者の方にやってもらってください。もし、あなたが保護者の方的な位置づけの人だというならば・・・GoogleやYAHOO、はたまたmsnやlivedoorまで駆使してで検索してがんばってください。
あ、上記URLは「ハイパーリンク」ではありません。青色に塗って下線引いただけ・・・。

発売元がSEGAなのもあって、PSO2以外にもこんなコラボレイトをひっそりやってたりします。たぶんネタバレ。
2012-08-30-212621そして皆がランドセルやスク水を着せて変態PVを楽しんでいるのを尻目に私はいまだにこの絵面で笑ってたりします。
普通な感じのミクを挟んでキャシャーン風味のレンにダース・ベイダー風味な変質者・・・もといカイト。
事前情報でも「カイトがもはや誰だかわからないレベル」等、完全に笑い種(わらいぐさ)にされてましたが、個人的にはもっとこのモジュールでいじられそうに思います。


そんなわけで割と淡々と書き連ねましたが、結構楽しいですよ?
今回は既存のモジュール変更に加え、小物を追加で装備できるようになっています。
たとえばアイドルマスターの衣装変更みたいな。
モジュールAに対して、更に頭・顔・胸元・背中などに帽子・メガネ・リボン・猫しっぽやランドセルなどを装備できるんですね。
PSO2とコラボってるのでネトゲの見た目が変化する装飾装備をモジュールに取り入れた感じでしょうか。
これの組み合わせで変化に富んだPVが楽しめるでしょう。前述したスク水ランドセルなリンで楽しんでるスクリーンショットは見かけましたが。
個人的にはARで1/6ミクが楽しめたので満足です。

スーパーダンガンロンパ2 さよなら絶望学園

今月の7月26日に発売されたハイスピード推理アクション「ダンガンロンパ」の続編でちゅ!(モノミ風)
前回は知り合いが遊んでみて面白かったと言っていたので買ってましたきりんです。
登場キャラ同士の掛け合いも面白かったしね。
ちなみに、前作のセーブデータ(通常版とBEST版を問わない)を持っていると、特典としてモノクマメダルが100枚もらえるぞ!プレゼントが序盤で買い放題ですね!


さて、ここからは本作「スーパーダンガンロンパ2 さよなら絶望学園」をプレイした際に私が感じたことなどをお伝えしたいと思います。
今作の学級裁判パートにおいて、前回までの「ノンストップ議論」「クライマックス推理」などに加えて「反論ショーダウン」「ロジカルダイブ」など新要素も追加されてございます。
「閃きアナグラム」は「改」となって、「マシンガントークバトル(MTB)」は「パニックトークアクション(PTA)」と改められております。
ボリューム大増量でございますね。それぞれのシステムは公式サイトなどでご確認くださいませ。

登場人物に関しまして、前作に引き続き「十神白夜」様がご登場なさいます。ただ前回より恰幅が良くなっておりますが。
私個人としましては、第一印象で「西園寺日寄子」様が気になりましたので自由時間の際に真っ先にアプローチをかけましたところ、見た目からは想像もつかない毒舌振りを披露されてしまいました。はい、私はロリペド野郎です。
しかしながら、「超高校級の御曹司」の十神白夜様や「超高校級の極道」の九頭竜冬彦様といった威圧感を持った方々にさえ、全くぶれないスタンスを取られる辺りからは頼もしさすら感じてしまいます。はい、私はロリペド野郎です。
他に実際にアプローチをかけて気になった方は「超高校級のドジ・・・」・・・。
失礼いたしました、「超高校級の保健委員」罪木蜜柑様でございます。なぜ「ドジ」なのかはここでは申しませんが・・・。
思考のネガティブさは前回ご活躍なされた「超高校級の文学少女」腐川冬子様に引けをとらないかと思われます。
プレイヤー様には、そんな前作同様ひと癖もふた癖もある超高校級の皆様との希望ヶ峰学園修学旅行を、ひいてはコロシアイ修学旅行生活を楽しみ頂けます。

なお、細かい変更点などに関しまして、前作では怪しい箇所・気になった箇所を調べる際に「?」マークが調べる対象に向かって飛んでいく、というエフェクトを採用しておりましたが、今作はレーザー光線が多方向から調べる対象に照射される、というエフェクトを採用しております。
故に前作よりスムーズな調査が可能になっております。インターフェースの洗礼、というヤツですね。
次に学級裁判終了時のリザルト画面ですが、前作では議論の結果に対するプレイヤー様の評価を、議論が終了する毎に表示しておりましたが、今作では学級裁判終了時にて一括で表示させております。
もちろん、その際にそれぞれの議論の結果の詳細も閲覧頂けます。
私個人としましては、議論が終了する毎にリザルト画面を表示して裁判全体のテンポを乱されるのに若干の不満を抱いておりましたので、こちらも見事な改良と言えるかと存じます。


CHAPTER.1をクリアした私からスーパーダンガンロンパ2について申し上げられることは以上です。
ご確認のほど、よろしくお願い致します。

スーパーダンガンロンパ2 さよなら絶望学園 公式サイト:
 http://www.danganronpa.com/2/

ガンスリンガーガールが10周年と聞いて

なんか電撃大王でヘンリエッタのフィギュアがついてくるとかに釣られて買いましたきりんです。
 コミックナタリー:「ガンスリ」10周年で大王付録にヘンリエッタフィギュアHI3E0016
しかも話題そのものは1ヶ月近く前という。
時期的に賞味期限切れです。
とはいえ、あくまでそれはきっかけですので。


この漫画自体はSound Horizonのサウンドクリエイターrevo氏によるイメージアルバム『poca felicita 〜 少女達の小さな幸せ 〜』から知りました。
個人的にはイタリア語の歌詞の曲や弦楽四重奏曲というこだわりっぷりが気に入りました。
もちろんヘンリエッタ、リコ、トリエラ、クラエス、アンジェリカ、エルザのそれぞれのキャラクターをイメージした曲もありますよ。
キャラ曲としてはアンジェリカが好き。物語『パスタの国の王子様』のくだりが特に。
で、そのまま単行本を買って読み、原作とイメージアルバムの両方を比べながら楽しんでました。
ついでなのでアニメも見てみようということで借りてみました。
やはり書物と動画では同じ場面の表現でもなかなか違った印象を受けますね。そして、それもまた楽しい。
ただアニメの最初でヘンリエッタ、リコとキャラクターに機械的な印象を持ったので、そのあとのトリエラの回でトリエラの快活な感じとのギャップにちょっと笑いました。
なんていうか、年頃の女の子って感じが一番でててかわいいですよ?
他にはリコの回がやや残念かも。
自分のことを好きになってくれるなら、それはうれしいなと思うような少年に出会ったのに、仕事のために殺してしまわねばならない状況になる。
普通の人間なら「殺さなきゃいけない、でも・・・」みたいな葛藤が起こる場面なんですが、リコは「こういう時なんていうんだっけ・・・あ、そっか『ごめんね』」とあっさり殺してしまいます。
しかもその翌日にはそんなことなど無かったかのようにいつもとおんなじ朝を迎えます。
漫画で読んでこの展開に戦慄を覚えたわけですが、アニメではあんまりそういう感じが無かったのが、イマイチ。
もっと「いやいやこの子ヤベーよ・・・」って勢いでも良かったよ!

まだアニメは1巻に収録されている5話までしか見てないので2巻以降も見ていきたいです。
個人的にはエルザの回のヤンデレなヘンリエッタが楽しみ。
担当官に興味を持たれなくなったら担当官を殺して私も死ぬと言い放つヘンリエッタが楽しみ。


余談ですが、この頃のDVDって1話分に割く容量が少ない分、1枚に5話収録とかだったんですよね。
今だと画質があがり綺麗になった分、動画容量が膨大になり、1枚に2話収録とかになってますよね。もちろん記憶メディアも大容量になってきてますけども。
画質があがるのは良いことですけど、その分消費者の立場でのコストパフォーマンスが下がるのは少し悲しいです。

農大物語 もやしもんリターンズ

今週から「もやしもんリターンズ」が放送されましたので、その感想をちろっと書きますきりんです。


坂道のアポロンの後番組だと前回の記事を書きながら見たwikipediaで知ったんですが、そこでちょっとした悲劇が発生しました。
深夜アニメなので録画で見るのがほとんどだと思いますが、私の場合は少し変則的な勤務時間のためにリアルタイムで見ようと思ってたんですね。
思ってたんですが・・・なんと!
思わぬアクシデント発生により残業→放送時間に間に合わないかもしれないという絶望コンボ。
そのとき私は思いました。「終わった」と。
仕事が終わって急いで帰り、なんとか半分くらいは見れる時間に帰れたはいいんですが、やはり最初から見たかった。
やっぱり録画は大事だなと改めて認識させら・・・あれ、ちょっと待ってくださいよ?
もやしもんリターンズを見終わった後に母から一言・・・

「あんたそれ録画してるじゃん」

いやいや録画していかなかったから急いで帰ってきたんだけど、と返すと坂道のアポロンの後番組だから録画予約の情報が残ってたから、そのままもやしもんリターンズも録画してくれてたということらしいです。
おおッ!これが神の所業かッ!!
というほど大仰なもんでもないですが、とにかく録画予約さまさまですね。
ちゃんと録画されているという事実に安心したので、本題のほうに移りたいと思います!

もやしもんリターンズは前期シリーズ・もやしもんの最後、校舎の改築で醗酵蔵が完成!実際に酒の醸造などができるようになったよ!ってとこの続きから始まってました。
つまり酒の醸造をしてました。ほかにも醤油とかも作ってるみたいです。
NHK教育的ノリも健在でしたね。アニメタイトルのもやしもんの由来とか。お酒のウンチクとか酒造法の云々閑雲とか。
あとゴスロリも健在でした。テンションもあがりました。
ていうか大学に普通にゴスロリの格好で通ってるのに笑いました。
前期の最終回だと普通の格好だったじゃん!
あまりにゴスロリであるのが当然だとでも言うような周りの空気に2度笑いました。
もしかしたら最初のほうでその部分に言及してたんでしょうが、実はまだ最初のほうは見てないのでわかりません。
個人的に笑ったのはそれくらいです。あと武藤さんの髪型がちょっとかわいかった。
前期とキャラクターデザインが変わってるとwikipediaにあり、実際に見て確かにちょっと違うなとは思いました。
個人的には前期のほうがよかったですが、すぐに慣れるでしょう。


主人公が所属している研究室のメンバーは主人公が菌を肉眼で見えるという特殊能力の存在を知っているんですが、及川さんだけはそのことを知りません。前期は結局知らないまま終わりましたからね。
今期では及川さんにもそのことを知らされるのでしょうか?
というのが1話の終わりでした。こっからどうなるのか楽しみですね!

農大物語 もやしもん

7月に放映予定のアニメ「もやしもんリターンズ」に関連してyoutubeで第1期シリーズである「もやしもん」が視聴可能です。
で、先日それを見てからハマりましたきりんです。


実は、本屋に立ち寄った際に目にしてはどういう漫画なんだろうかと気になっていながらもそのままになってた「もやしもん」なんですが、youtubeで1期全話が視聴可能ですよーってことで見てみたっていうのが、きっかけになりました。
まぁウィキペディアで大まかなあらすじとかは調べられますが一応説明。
菌やウィルスを肉眼で見ることができる主人公「沢木惣右衛門直保(さわき そうえもん ただやす)」の東京にある某農大での日常やちょっとした騒動が描かれてます。
で、ある騒動から菌についての研究をしている研究室が話の大半を展開する舞台になります。
主人公は菌を肉眼で視認できますから、菌の研究者としては是非とも欲しい能力でしょう。
本人はその能力のせいで幼少期に嫌な思い出を持っているので否定的な態度をとります。
普通の人間とは違う人間を避ける傾向にあるというやつですね。ダイの大冒険で街中で暴れるドラゴンを倒したダイがその街の人から畏怖の目で見られる、みたいな。ちょっと違うか。

そんな感じで菌に関する話題が豊富なアニメなわけですが、農大ということで食べ物も割りと頻出します。
菌が活躍する食べ物といえば、発酵食品です。お酒も同様。
第1話から強烈な発酵食品が出てきます。キビヤックwikipedia参照)。
世界トップクラスの臭気を放つ食べ物として名前だけは知っていましたが、実際に紹介されてるのをみるとワクワクしますね!
wikipediaにもありますが効率よくビタミンを摂取する方法として編み出された食べ方なんだとか。
絵面的には食事中に見るものではないということを先に念押ししておきます。
「食事風景を食事中に見るな!」とはこれいかに?見ればわかります。
wikiにもありますし説明しますと、要するに発酵により融けてドロドロになった鳥の内臓を肛門からすする画が流されるわけです。
アニメだからまだいいですが、あれをオススメされた主人公たちの心中やいかに!?って感じです。断ってたけど。
さらにホンオフェwikipedia参照)というキビヤックよりさらに臭い食べ物も出てきます。5倍臭いんだって。
エイの発酵物らしいですが、アニメでもこれを抱えてきたキャラがティシューのようなものを捻って鼻に突っ込んだ状態で持ってましたね。
と、ここまでくると察しがつく人もいるかもしれませんが、ホンオフェよりもさらに臭い、世界でもっとも強い臭気を放つことで知られるシュールストレミングwikipedia参照)ももちろんでてきます。
アニメのキャラ曰く「現地ではシュールストロミングと発音してました」。
缶詰に入った食品でしかも発酵ガスが充満してるせいで開け方が横着だと缶詰の身が飛び散ります。アニメでもそのネタをやってましたね。
「ストレミング」は魚のニシンのことを指し、アニメでも同様の説明がなされています。
ニシンと聞くとジブリの魔女の宅急便でニシンのパイの包み焼きを作ってたシーンを思い出すんですが、そのニシンを「世界一」の名を持つ食べ物にもできる調理の奥深さに感心しますね。具体的に言うと菌の生体活動における副産物として発現する「発酵」のチカラに。
といっても腐敗と発酵の違いなんて人間に有益かそうでないかの違いでしかないんですけどね。これもアニメで言及してますが。

と、なんかくっせぇカホリ漂う記事を長々書きましたが個人的にはこういうNHK教育的なノリが結構好きなんですね。
1話終わるごとにやる「菌劇場」で菌についてちょっとした紹介をしてるのも面白いです。
・・・が!
そんなNHK教育的なノリを10話あたりででてくるゴスロリに全部持ってかれました。
菌にゴスロリとかどんな関係があるんだって感じですが、実際アニメ見てても「いやいやお前はそれでいいのか」と突っ込みたくなる感じでした。
しかしそんなゴスロリがなぜか気になって仕方が無い!
なんか自分の中で新しい趣味の領域を開眼してしまうんじゃないかとさえ思える勢いで気になって仕方が無い。
実際このもやしもんが気になった最初の理由も、漫画の表紙に載ってるゴスロリの正体が気になって仕方ない症候群にかかったからなんですけどね。
アニメ見てゴスロリの正体はわかりましたが、今度はそのゴスロリに関心が向いて仕方が無い症候群を発症です。
そんなわけで私個人としては「もやしもん=ゴスロリ」のアニメになりました。
とりあえずゴスロリ画像 from Amazon↓

もやしもん VOL.4 (初回限定生産版) [DVD]
もやしもん VOL.4 (初回限定生産版) [DVD]



最後にyoutubeのもやしもんのチャンネルURL
http://www.youtube.com/playlist?list=PLAE5F9AF1D242DF27&feature=plcp
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
Amazonライブリンク - PS4
Amazonライブリンク - PSVita
ご意見ご感想など
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ