やったねFULL COMBO!!(フルコンボしたとは言ってない)











アクション

仁王-NIOH- α体験版

4/26から配信された仁王の体験版を遊んでみましたきりんです。

ネットの評判では「ダークソウルっぽい」「いやニンジャガだろ」みたいな感想がでてるみたいです。
私はニンジャガを遊んだことがないのでわかりませんが、ダークソウルっぽい、は感じましたね。
まず、道中の雑魚からすら攻撃2,3発で死ぬ。
仁王は背後から攻撃を受けるとダメージが大きくなる(ロックオン中でも背を向ける)ため、相手と距離を取ろうとスティックを下に倒すと背を向けてしまうので立ち回りはダクソとは若干異なりますね。
次にキャラクターの強化方法。
仁王 能力開花
敵を倒した時に「アムリタ」と呼ばれるエネルギーを獲得し、それを消費してキャラクターを強化します。
ステータスもいくつか(「体」「心」「剛」「武」「技」「忍」「呪」「霊」)あって、それらをアムリタを消費して上げることで強化できます。

仁王はオンライン専用となっていて、社(拠点)で「まれびと」と呼ばれる協力者を呼び出してマルチプレイで遊ぶこともできます。

武器に「刀」「槍」「斧」、さらに「忍術」「陰陽術」という術も使うことができ、囲まれたときの足止めや1体だけおびき寄せたいときなどの対処も比較的しやすいです。
スキルで技を覚えて相手の攻撃に合わせて反撃するのが楽しい。
しかし、スタミナがなくなると息切れして動けなくなるのでそういう点はダクソよりシビアですね。
武器を振り回しすぎると、動けなくなって格好の的になります。ネットでも動けなくなるのはいらない、と批判されてました。
ただ、「残心」を使ってある程度スタミナを回復できるので立ち回り&プレイヤースキルで多少補えます。
さらに残心を、スタミナを消費してできた赤ゲージ部分がゼロになるタイミングで発動すると「完全なる動気」となり常世と呼ばれる気力消費が激しいエリアをかき消すことができます。少し残心を遅らせて発動させる(攻撃後の光が集まりきった辺り)と上手くいきます。
この「常世」というのは妖怪が発生させるもので、妖怪が消費したスタミナを回復させる効果もあります。
鬼などの強敵を倒す際は完全なる動気を使えると戦いが楽になります。
鬼はスタミナがあるうちはこちらの攻撃に怯まないので、スタミナを消費して戦うのは必須ともいえます。
で、プレイヤーがやられると自身に憑依している守護霊が刀塚を形成し、今まで獲得していたアムリタを貯蔵して死んだ場所にとどまるので、デスペナルティで失ったアムリタを回収できます。
他のプレイヤーが死んだ場所では血刀塚と呼ばれる赤い刀塚が出現し、死んだプレイヤーの装備を持ったNPCと戦うことができます。多分NPC。
武器には「上段」「中段」「下段」「納刀」という構えがあり
・上段
 攻めの構えで攻撃力が高いが、スタミナ消費が高く隙も大きい

・中段
 受けの構えで攻守のバランスが良く、相手の攻撃を捌いて反撃に移るスキルが豊富

・下段
 相手の出方に合わせる構えで、控えめな攻撃力だが相手の攻撃の隙をついて連撃を叩き込むのに向き、スタミナも回復しやすい

・納刀
 武器を構えていない状態で、この状態でのみ使える特殊なスキルがある

と、戦闘に独特な緊張感を与えるのも良いです。
敵も攻撃してスタミナを消費するので、相手がスタミナ切れで動けなくなってチャンスとばかりに攻撃にしようとしたら自分も息切れしてお互い向き合ってハァハァした時はクッソ笑った。


α体験版なので5/5までしか遊べませんが、かなり歯ごたえがあるアクションRPGなので次の体験版や製品版が楽しみですね!


仁王

「仁王」のα体験版がPS Storeで本日から10日間限定で配信。最初のステージをクリアした人に製品版でDLCが入手できる「制覇の証」をプレゼント - 4gamer.net

朧村正

 此れは先月末、マーベラスAQLより発売されたアクションゲーム"朧村正(オボロムラマサ)"の体験譚である...


 他のゲームを遊びつつなので、まだ鬼助編・三幕のボス戦前です。
この朧村正自体はWiiで発売されてて、こっちは移植といったところでしょうか。
ただ、新しいストーリーをDLCで販売するようなので、そっちも楽しみです。
それまでには鬼助編と百姫編をクリアしておかないとね。

 ゲームモードにはさくさく進める"無双"と、アクション上級者向けの"修羅"があり、"修羅"モードでクリア(鬼助・百姫のいずれかで可)することで更に上級難易度の"死狂(シグルイ)"モードが解禁になります。
 ゲーム屋のPOPによると"死狂"モードは敵からの一撃を受けただけで即ミスというレベルらしく、これは昔の超絶難易度アクションなんかにある「死に覚えゲー」状態だと思われます。
アクション下手なくせに若干シグルイやりたいと思ったりします。まぁ、その前に修羅でクリアって条件を満たさないとだめなわけですが。
 修羅モードでやると街道に現れる雑魚妖怪相手に死にまくりなきりんに、この任務は達成できるのか!?(絶望)

 よくあるアクションなんかだと回避行動はガード中にスティック弾き、みたいな操作が多いと思うのですが、朧村正はその辺りにクセがあり「しゃがみ(左スティック下入力)中に左スティックを左右に入力」してそれぞれの方向に回避する、という操作体系になってます。
 攻撃は□ボタン、さらに連打で連撃になり、押しっぱなしで受け流しの構え(いわゆる防御)。
加えて「しゃがみながらの□押しっぱなし」から「□を離す」でタメ攻撃(敵の防御態勢を崩す効果)になります。
 少ないボタンで多彩なアクションに対応することでとっつき易くなってはいますが、回避に関してはそのクセから若干の慣れが必要だと思います。

 さてこの朧村正、百八つの妖刀の収集、各国の食事処へ食べ歩き等、アクション以外での楽しみもいくらか盛り込まれてます。
とくに食事に関してはVitaのグラフィックの美麗さも相まって、空腹時にプレイしようものならある種の精神的ダメージは避けられないことでしょう。
要するにこれはヨダレとの戦いでもあるのです!YouTubeの動画でも伝えきれないくらいにおいしそうなんですもの!
私が以前にプレイしたプリンセスクラウンでも食べ歩き的要素はありましたが、朧村正はそれを更にハイセンスに昇華したものと言えそうです。




 修羅モードは難しいけど、敵の飛び道具を攻撃で弾き返すときのキィィィンッって効果音は無駄にかっこ良くてテンションあがる。
グラドリエルのときは吹き飛ばされて地面に刺さった王家の剣に自分の王冠が降り落ちる演出がかっこ良くて戦闘の高揚感を盛り上げたけど、あれくらいテンショが上がる。

The Unfinished Swan

10月中旬に北米で配信された「The Unfinished Swan」を遊んだ感想です。
日本でも配信が決定したそうですが、時期も価格も未定だそうで。
日本でも12月13日に配信されましたね。
公式のソフトウェアカタログページ:
http://www.jp.playstation.com/software/title/jp9000npja00087_00unfinishedswan00.html



ゲームの内容は上記URLを参照してもらうとして、ボリュームとしては風ノ旅ビトのようなあっさりした感じで、2〜3時間程度でクリアできます。
ちょっと雰囲気を楽しみつつ遊ぶってスタイルでしょうか。
完全に真っ白な世界に「ペイントボール」を投げて景色を浮き出させて進むっていうのが面白いです。さすがにゲーム終了までずっとそういうシーンが続くワケではないですが。

やりこみ要素としては隠されたバルーンを集めるというのがあります。
ゲームの性格的にシルエットのバルーンとかはかなり発見しにくく、ノーヒントで全部発見するのはかなり難しいです。
ただ、このバルーンを集めるとそれをcreditとしてポーズメニューから追加アクションを購入できたりします。
その中にバルーンを感知するレーダーがあって、それを使うとバルーン集めの難易度がかなり下げられます。
もちろん解禁後もレーダーのオンオフはいつでも切り替えられるので、あえてレーダーナシでバルーン集めするのもアリです。
他に解禁できるアクションは投げたペイントボールを時間的にストップさせたり、消しゴムみたく景色にあてたペイントボールの効果を消したり、ホースみたいに連射できるようになったり、ライフル的射出できたり。
ストーリーを進めるにあたって大きく影響するものはなく、どれも「遊びの幅を広げるもの」くらいの感覚で、有用なのはバルーンレーダーくらい。
※ 追記・・・後でゲームを起動してみたら「チャプター選択解禁」や後述の「箱持ち上げ」と、他にも有用な項目ありましたです。

このゲームは3章の一部の場面でペイントボールを特定の壁に3段階に分けて投げつけることで「箱」を実体化させられる場所があるんですが、この箱を使って遊ぶのが思いのほか楽しいです。
トロフィーにも関係してるんですが、この箱は床にペイントボールをぶつけて作る「緑の箱」と壁・天井にペイントボールぶつけて作る「赤い箱」があります。
このうち、緑の箱は追加アクションを購入することで持ち上げることができるようになります(4章は除く)。ただ、ある程度の大きさを超えると流石に持ち上げられなくなりますけれど。
持ち上げた箱は□ボタンで再度床に置き、ペイントボールと同様の操作(アナログコントローラーやMoveで違います)で投げることができます。
このとき、持ち上げた箱を既に生成した箱に重なるように持ってきてから□ボタンで床に置くと、それぞれの箱同士が弾かれるんですね。
重ねた場所によって弾かれる方向が違うようで、大きく作った箱に持ち上げた箱を床スレスレくらい下のほうで重ねて置くと大きく作った箱が勢いよく空に「打ち上げられる」ワケですよ。
うまく高く打ち上げれば2つのブロンズトロフィーが獲得できるわけですが、この箱を使って遊ぶのが楽しい!
積み木みたいに無駄に高く積んで遊んでもいいし、モノリスみたく薄っぺらい箱を作って小さい箱をモノリス箱の上を狙ってぶつけてモノリス箱がガコンガコンいいながら倒れる様を楽しんでもいい。
箱を作れる場所が、GRAVITY DAZEでシアネアが見せた空間みたいというか、MS/DOSで直接プログラムを書いて描画させた空間みたいというか、要するに超絶殺風景な空間なのでやたらと創造意欲が掻き立てられる気分になります。きっともっと面白可笑しい遊び方がぁぁぁあるはず!
ちなみに箱は実体化させた後のヤツに再度ペイントボールを何度かぶつけると消滅させることができます。


もはや「お前は3歳児かっ」って勢いで箱を作っては投げ、モノリスを倒しってやってました。
もうスワン追いかけるのを忘れそうなくらいです。
むしろこのゲームはここが一番の楽しみどころと断言してもいいです!!

・・・いいはず。

イース セルセタの樹海

9月27日に発売されたイース セルセタの樹海を一通りプレイした感想を述べたいと思いますきりんです。
1週に掛かったプレイ時間は49時間程度です。私は結構ゆっくりプレイしてました。
ゲームのボリュームとしてはまあまあかな、といったところでしょう。


今作はイースVIIの戦闘システムを引き継いだ形のアクションRPGです。
難易度をEASY、NORMAL、HARD、NIGHTMAREの4つから選べますからアクション苦手って人でも割りと何とかなるかと思います。
主人公の冒険家・アドルが記憶を失ったところからゲームが始まります。
アドルは失った記憶を取り戻すため、自身が記憶を失う直前まで挑んでいたというセルセタの樹海に再び挑み、未開の地といわれる樹海の謎を解き明かすとともに自身の記憶を取り戻すというのが大まかな内容です。
主人公が記憶喪失、というのは公式サイトの開発者インタビューにて「アドルがどういう人となりなのか、何故彼が冒険家と呼ばれるようになったのか、を彼自身が記憶を取り戻していく過程でプレイヤーにも知ってもらいたいから」と語っていました。
つまり新規でイースシリーズをプレイする人にも安心してプレイできるということですね。

2012-09-29-024337前回のVIIにあった、敵の攻撃がHITする瞬間に防御行動を行うことで発動する「フラッシュガード」がありますが、今回はさらに同条件でのタイミングで回避行動を行うことで発動する「フラッシュムーブ」というものも追加されています。
これがですね、発動時に少しの間無敵になり且つ敵の動きがスローモーションになるという恩恵があります。
樹海に挑んで少し進んだところでデカイ猿のモンスターが出てくるのですが、そいつでボス戦よろしくフラッシュガードやフラッシュムーブをスパルタで練習してるうちに楽しくなってですね、敵がスローモーションでずっと俺のターンたんのしいいぃぃぃぃしてたら油断して全滅したんですね。
近くに体力が回復できるFF10でいうセーブスフィア的な石版があるので、
死にそうになったら回復 → スパルタで修行 → 成功してたんのしいいぃぃぃぃぃ → 油断してピンチ
のサイクルが無駄に楽しいんですね。おかげでたどり着いたときにLv5だった主人公がLv13くらいにまでなってしまいました。いやホント楽しいよ。
ちなみに攻撃がHITする瞬間とありますが、タイミングはそれほどシビアでもなく割りと成功はさせやすいです。それでも慣れや敵の攻撃のタイミングと合わせる必要はありますが。

「セーブスフィア的な石版」というのは、この石版に触れておくと全滅したときに最後に触れた石版から再スタートできます。HP&状態異常も回復できるし使える奴です。
ゲームデータのセーブはボス戦などの一部特殊な状況を除き、いつでもできますので携帯機でやるゲームとしてのメリットは十分です。
画面タッチによる操作も多少対応していて画面右下にあるバッグアイコンをタッチするとメニュー画面が開けるようになってます。STARTボタンでも同様の操作は可能です。
・・・が、個人的には指のポジション的にはSTARTボタンより画面タッチでメニューを開くほうが遥かに快適なんですよね。STARTボタン自体小さいし、親指の第一関節の位置よりも更に下にある状態なので、態々STARTボタンを押しに行くより少し指をスライドさせて画面をタッチしたほうが楽です。このUIひとつで戦闘に関しては随分快適になってると思います。STARTボタンでメニュー開いたのゲーム開始時の一回だけなくらいですからね。

2012-10-16-044802セルセタの樹海は発売前の評判としてはグラフィックのジャギーが気になる等、一部のゲームブログで書かれてましたが、ゲームをやってみた私としてはモデリングをなかなか頑張ってるなと思います。
いやだって・・・大人のカーナと子供のカンリリカの体型っていうか、具体的な部分でいうと足とかを比べて見ると大人らしい体型と子供らしい体型をきっちり表現してきてるし力入れてるでしょうコレ。
一言褒め言葉を入れるとすれば「こんのロリコン野郎め」あたりでしょうかいいえ私のことではありません。

やりこみ要素としてはアイテム図鑑コンプリートやらボス戦タイムアタックやらでしょうか。
アイテム図鑑に関しては2週しないと完成できないようにはなってますが(クエストで武器を製造する際に2つのうち1つを選ぶ局面)。
ボス戦タイムアタックはボスラッシュ(全てのボスと戦う)もあり、やりがい満載であります。私はクリアしてませんが。

とりあえず1週してみてバグとかは逢わなかったのでかなり満足です。
ひとつ注意するとしたら樹上集落・コモドでの、クエスト受注ができる寄合所とアクセサリ作成を請け負う、施設を表示するMAPの色が両者逆転している点くらいでしょうか。
ゲーム進行には全く問題ないので気にはなりませんけどね。


PlayStationVitaとGRAVITY DAZE

去年の12月17日にSonyが発売した携帯ゲーム機「PlayStation Vita」。
先日GRAVITY DAZEのPVとか見てて欲しくなったんで、衝動買いしてしまいました。
以下が私が見たPV↓


ソース:http://www.4gamer.net/games/134/G013499/20120210058/

スマホとかは持ってないので、スマホ寄りのインターフェースに若干戸惑うかな?とは思ってたんですが、そんなこともなく割りとすぐに慣れました。

一応ネット情報でVitaがどういったものなのかはそれなりに把握していたつもりでしたが、いざ買うとなるとやっぱり心配になりますね。
なので、おさらいの意味もこめて改めて情報を集めてみることに。
まず、VitaにはWi-fi版3G/Wi-fi版の2種類があります。
このふたつの大きな違いは無線通信に於ける方式の違いです。
・ Wi-fi版は純粋にアクセスポイント経由での無線通信のみを行う
・ 3G/Wi-fi版は上記に加え、SIM cardを使った3G通信も可能
ということ。値段は3G/Wi-fi版のが若干高いです。
じゃあどっちのほうがイイの?という話ですが、無線LAN環境があるならWi-fi版で十分だそうです。
3G/Wi-fi版はプリペイド方式(つまり課金)のSIM cardを用いた通信方式なので、アクセスポイントの有無に依存しない通信が出来るようです。
ただ、その課金まわりのあまりの煩雑さにとっつきにくさがある感は否めません。
SIMロックが掛かっているので、そのプリペイドのSIM以外は使用できないそうです。
が、一応イオンSIMも動いたとかの報告もあるらしいのですが、サービスを提供しているDoCoMoは表向きイレギュラーな環境での不具合は関与しないとの立場をとっています。要するに自己責任で!ってことですね。
ネットでも「Wi-fiで十分」という声もあるようですし、「3G回線じゃないとダメだ!」っていう確固たる理由でもない限りはWi-fi版で事足りそうです。
実際3G/Wi-fi版の売れ行きの方がイマイチという市場結果も出ていますし。
ということで私はWi-fi版を買いました。付属のUSBを使えば有線のみの環境でもVitaのアップデートは可能でしたので、無線LAN環境が無いためにPS Storeが見れないという私の環境でも特に不満は無い感じです。
あとは初期設定にわかり辛さがあるという声もあったみたいでしたね。
初期設定の際にPSNetworkへのサインインを求められるのですが、この辺りからわかりづらいという事みたいです。
私の場合は「後で設定する」で普通に設定完了まで進めたので問題はありませんでしたが。
それにしてもグラフィックの綺麗さには驚かされますね。携帯機でこのレベルは凄いんじゃないかと思います。

で、本題の一緒に買ったGRAVITY DAZE。
「ジャイロ機能」というものに触れたのはこれが初めてなんですが、主観視点にして本体を動かすと主人公の視点もそれに合わせて動くんですね。それでまず感動。
右を見て、左を見て、上を見てってやるとゲームの世界の視点が同様に動くのでゲームの世界に入り込んだようなトリップ感があります。脳汁でます。
十字キーやジョイスティックでまわりを見る動作をするのとはワケが違いますよ!
手ブレが妙なリアル感を持たせます。そして、それがいい。
あと、一番のウリの重力操作。なかなかクセがあるので慣れるまで戸惑いますが、慣れてくると結構楽しい。
「重力スライド」という画面の右端と左端をタップした状態で行う操作がスケボーやらスノボーやらを想起させて楽しいです。2012-02-15-234331
ハンドルを回すようにVitaを傾けて方向転換。タップしている指の片方を離すと低速で滑る「ドリフト」、上に振ってジャンプが出来ますが、この操作がかなり難しいです。2012-02-18-2203512012-02-18-003341
最初、Vitaを奥に傾けて「あれ、曲がれねーじゃん!」と四苦八苦していましたが、よくよく取説を読むと「ハンドルを回すように」ってかいてあるんですね。そうだよねハンドルは奥に動かないもんね。
ミニゲームでこの操作を駆使するものもあるんですが、最初はコースを辿るのすら大変です。
そして慣れてくると、今度はタイムアタックが熱いという。

右の画像はVitaのスクリーンショット機能を使って撮影したものです。
PSボタン+STARTボタンで撮影できるのですが、DAZEはイベントスキップにもSTARTボタンが割り当てられているので、SSを撮るつもりでイベントスキップしちゃったうわぁぁぁって事もあるようです。
なので、私はPSボタンを押してからSTARTボタンを押すようにしています。これならSTARTを押すのが遅くてもVitaのホームに戻るだけだからね。

一部のサイトではネガティブキャンペーンを張るのに必死なところがあったりしますが、遊びたいゲームが出たらハードを買うってスタンスで十分だと思います。逆に遊びたいゲームが無いっていうなら買わないって選択も、もちろんありますし。
ただ、欲しいゲームはあるけどSony製品の初期ロットは避けるっていうのは、それはそれで間違ってない気もしますけどね。
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
Amazonライブリンク - PS4
Amazonライブリンク - PSVita
ご意見ご感想など
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ